忍者ブログ

KIMLOG

人生俯瞰記

読書

連続殺人鬼カエル男
序盤ダラダラで、中盤ちょっと盛り上がるけど、後半またダラダラして結末はまあそうかって感じのわりと普通の推理小説って感じ。
とにかく難しい言い回しとかクドい描写が多くて作者の自己満が強く感じました。
一般市民の暴動のシーンとか、無駄に長い格闘シーンが繰り返されるのとか、これいるか?って感じで、それ減らせば300頁くらいで収まったんじゃないでしょうか。
ラストがちょっと救われるのがせめてもの救いですね。


満願
米澤さんの短編集。
やはりこの作家さん良い。
構成も上手いし、凄く読みやすくてダレない。
短編集なので一話一話は短いけど、それぞれに違った趣があって全部楽しめました。
儚い~の時も思ったけど、様々な要素を絶妙なバランスで纏められてます。
個人的に今回で米澤作品間違いなしの確信を持ったので買い漁ろうと思います。

拍手[1回]

PR