忍者ブログ

KIMLOG

人生俯瞰記

また読者

ここのところ時間を見つけては読書をしております。


仮面山荘殺人事件
東野圭吾。この作家さんは凄く知的でスタイリッシュなイメージを勝手ながら持っている。
途中でなんとなくそうかなーとは思ったんだけど、+αのオチでした。なるほど。
なんか緊張感薄いし、ユルいのも不思議だったんですよね。
でも、そこまでやられた感はなくて幕切れも結構呆気なかった印象。
とりあえず主人公が残念なのと、雪絵がなんか嫌。


七回死んだ男
タイムリープものということでかなり期待して読み始め。
が、珍しく結構早い段階で仕掛けが分かってしまい残念でした。分かりやすい伏線が多かったので。
トリックが分かってしまうとやっぱり面白さ半減なので、後半までどうにか違う展開になってくれないかなーとか思って読み進みましたがほぼ予想通りで。
強いていうなら、終わらない!っていう展開になるのかと思ったら違った事と、宗像さんを完全に忘れてた事です。
でも、比較的ユーモラスな場面も多くて登場人物も凄く個性的で見分けがつけやすかったので、サクサクと楽しく読めました。
こういうSF要素を上手く利用する作家さんの様なので他の作品も気になりますね。



二種類の叙述トリックが使われてる珍しいケースでした。
最初に思ったのはなんかくどい言い回し多いな、と。なので400ページ超えの作品なんですが、凄く進行が遅く感じました。
あと、登場人物が皆大学生なのになんか凄く台詞が古かったり、そんな言葉使うか?ていうのが多くて、あまり物語にのめり込めませんでした。
肝心のトリックも、あーなるほどと思った程度で、特に性別誤認のトリックはで?って感じでした。
ラストもそうですが、回収されない謎 が多かったのも個人的にはイマイチです。
決してつまらなくはないんですが、とても地味な作品でした。

拍手[1回]

PR