忍者ブログ

KIMLOG

人生俯瞰記

タイムトラベラーズ

ちょっと前ですが、TIME TRAVELERSをやりました。

428のスタッフが制作していて、出た当時やりたかったんだけど、評判が余り良くなくてすっかり忘れてた作品です。

そのせいか、かなり安く売っていたので買ってみました。


名前の通りタイムトラベルして運命を変えていくアドベンチャーで、プレイングシネマと謳われている通り、3Dのキャラクター達が映画の様に動き回ります。

街や428のシステムを継承していて、5人の主人公達がザッピングし合いながら物語が進んで行きますが、428に比べると選択肢が簡単過ぎるので難易度はかなり低め。
なので、かなりイイ感じにサクッと終われました。
このプレイ時間を考えると、流石に定価で買ったなら短いよ!ってなりそう。この辺が評価の低さの原因な気がする。
あ、後は428と比較されてるからかな。あれと比べるのは酷だよね。
個人的には長くなく最後まで熱中できたので、長編映画を観た気分です。


タイムトラベルものの作品は色んな媒体で色んな角度からの作品が出てるし、凄く好きなジャンルの一つなんだけど、このゲームはタイムトラベルのまた新しい一面を見たお話でした。
ゲームだからこその脚本でもあると思うし、間違った選択でゲームオーバー→戻って別の選択をする、という事を上手く物語に落とし込んでいることに感心。

矛盾点や伏線回収が全て秀逸な訳でないし、ツッコミ所も多々あるけど、よく練られていて笑いあり涙ありでとても良いストーリー。
そしてキャラクターが皆個性的で、声優さんの演技も皆上手かった。珍しい。
3Dの映像は決して綺麗な訳ではないけど、カメラワークなども工夫されていて、アニメでも実写でもない不思議な世界観がまた味があった。
最後のみことの選択の分かれ方も絶妙。
個人的には博士と篠原君が素敵過ぎた。
全体的に主人公のエピソードをもっと深く掘下げてほしかった部分はある。
実際、詐欺師とキャスター以外はそこまで大きく関わってないしね。


まあ、時間があれば2周したいゲームでした。


拍手[2回]

PR