忍者ブログ

KIMLOG

人生俯瞰記

読書

セカンド・ラブ
イニシエーション・ラブの乾くるみ作。
あっちがラストで一気に持っていくのに対して、こちらはもっとじわじわとひっくり返す感じ。
ある程度予想はしつつも、非常に深く、一見して分かりにくいトリックになっていて、あー、なるほどとはなるんですが、ある程度の謎も確定できないまま終わるし、読後感も良くないです。
とりあえず、主人公気付けよというのが第一印象。
まあ、最近読んだ中では中々面白かった方ですが。


しあわせの書
叙述ミステリーともまた違う趣きのミステリー。
トリックというか、本自体の仕掛けは唯一無二ですね。
あーなるほど。凄い。大変だったろうなあ。と。
でも話や構成は結構普通なので、そのトリックを楽しめるかどうかだと思います。
締め方はわりと好きでした。

拍手[0回]

PR