忍者ブログ

KIMLOG

人生俯瞰記

edge

さて二ヶ月くらい使用したのでGalaxy S6 edgeのレビュー。


Exynosの8コアに3GRAMという現状ではトップクラスのスペックなので、キビキビさは流石です。
何をするにもサクサクなのでストレスフリーです。

しかし、この端末のウリはなんと言ってもエッジディスプレイ。
左右が湾曲している為、ベゼルがかなり薄く見えるし、実際横幅も抑えられていますね。
たまに指の腹が触れてしまうのと、エッジを有効に使ったアプリが少ないのが惜しいですが。

WQHDの有機ELも発色良く高精細。
今までは有機ELディスプレイは滲んだ感じがあまり好きではなかったんだけど、これは全然気にならなかったです。
高解像度の為、文字も見易いし、4k2kレベルの動画の綺麗さには驚きました。


そしてカメラ。
評判通りかなり良く撮れます。細部までクッキリと、夜でも明るく。
ホームボタン二度押しでどの状態からでも一瞬で立ち上がるのもかなり便利です。
オートで手早く簡単に且つ、綺麗にというのはカメラに詳しくない僕には打ってつけでした。


非防水とSDなしは購入前から分かっていたので妥協した部分ではありますが、SDに関しては内蔵が64Gあるのであまり問題ありませんでした。
むしろアクセスのしやすさを考えるとこっちの方が良い気さえします。
KitkatのSD制限はかなり煩わしかったですから。

弱い点はやっぱりバッテリー。
このハイスペックにしては容量が少なめで、これまで抜群のバッテリー性能を誇るFシリーズをメインに使ってたので、比べると7、8割くらいになった感じです。
ただ、先日のアップデートで体感的にかなり改善されたのと、急速充電がビックリするくらい速いので今のところ問題なしです。
ちなみにワイヤレス充電のqiも初めて使ってみましたが、これ便利ですね。
あと、発熱はそこまでじゃないです。


とりあえず一番はこの近未来的な外観に一目惚れしてからずっと欲しかった端末なので、暫くはメインで使い倒そうと思ってます。


拍手[2回]

PR