忍者ブログ

KIMLOG

人生俯瞰記

ギター編30「KIM的最終試験」

昨年の4月9日に始まりましたKIM的音楽講座ギター編、丸一年かけて初級、中級、上級編とやってきましたが今回で遂に感動の最終回となりました。
何が感動かって、よくちゃんと最後まで続いたなってことがです。


これまできちんと目を通し練習してきた方は技術も知識もかなりついたことでしょう。
なので最終回は最後の総まとめ試験を実施しようと思います。

覚悟はいいですか?

いきますよ?





知識編


問1 最初に選ぶギターで良いとされる物は次のうちどれか。

a.見た目がカッコイイ
b.良く分かんないけど音が気にいった
c.好きなアーティストのモデル
d.KIMさんがオススメした


問2 最初の練習に適しているのは次のうちどれか。

a.ドレミファソラシド等の単音弾き
b.ローコード等の弾きやすい簡単な和音
c.好きなアーティストのコピー
d.KIMさんの曲のコピー


問3 ギターを弾くにあたってかかせないテクニックは次のうちどれか。

a.チョーキング
b.ハンマリング
c.スライド
d.KIMさんも大好きなピッキングハーモニクス


問4 持っているととても便利なエフェクターは次のうちどれか。

a.オーバードライブ
b.ディレイ
c.マルチエフェクター
d.KIMさんも愛用ワーミー


問5 ギターにはかかせないスケールは次のうちどれか。

a.ダイアトニックスケール
b.ペンタトニックスケール
c.ブルーノートスケール
d.KIMさんイチオシのハーモニックマイナースケール


以上全5問。

答えは最後に。 





では続いて実践編。

タイトルでサンプルが聴けますので、実際弾いてみましょう。
これは既存の曲は著作権やなんだかんだあるので私のアップしている曲から出題させていただきます。



リフ(Baalからメインリフ)





これはパワーコード主体のオーソドックスな8ビートリフなのでスピードについて行ければ問題ないはずです。
全部ダウンだと迫力がありますが難易度は上がります。




リード(KA-LIからラストのギターソロ)





これは私の手クセもあるので地味に難しいかもしれませんが、基本的なテクニック総動員なのでやりがいあると思います。
実際はDADGADチューニングでプレイしていますが、譜面はレギュラーチューニングで記載。
因みに要ワーミーです。あしからず。




アンサンブル(Dyavaprithiviからテーマ1)





これは、クランチのコードストロークとクリーンのアルペジオのバッキングに優雅なソロが乗るギター三本のアンサンブルですが、クリシェといわれる半音進行で流れるような構成になっている所がポイントです。

これらが全てクリアできれば合格、一人前!






さてさて、いかがだったでしょうかKIM的音楽講座ギター編。
全編においてHR/HMなギター講座になってしまいましたが、まあそういうギタリストなんで当然です。ハードロック万歳。

タメになったならないは置いておいて、読んでくれた方一年間本当にお付き合い有難う御座いました。
これで一旦講座の方は休載しますが、いずれまた違ったものを題材にやろうとは考えております。お楽しみに。




で、肝心の知識編の答え。




全部正解。




あなたが自信を持って選んだ答えこそあなた自身の正解です。

拍手[1回]

PR