忍者ブログ

KIMLOG

人生俯瞰記

読書

ある閉ざされた雪の山荘で
東野圭吾作。終盤まで読みやすく、とても分かりやすいお話ですが、驚きはそこまでなかったです。
登場人物の描写がイマイチ薄くて、動機もうーん、て感じがしますし、特に主人公の性格はもうちょっとどうにかならなかったんでしょうか。
終わり方も綺麗に纏めようとしてたけど、個人的には違和感でした。
クローズドサークルものを別な角度から描いている点は非常にトリッキーで良かったので、個人的には惜しい作品です。


倒錯のロンド
これまた主人公が最低過ぎ。
内容は、原稿の盗作を軸にぐるぐる倒錯していって何が何だかわからなくなる。
途中まではどうなるんだろうという期待が大きくてのめり込めましたが、後半からちょっと失速した印象です。
怒涛の解説もフーンという感じで驚きは少なかったし、似たような描写も多いので、賛否両論あるのも頷けますね。


最近当たり少ないなあ。

拍手[0回]

PR