忍者ブログ

KIMLOG

人生俯瞰記

祭の後

昨日は本当あっという間だった。

一年というブランクをしょって舞い戻った舞台。
2006年最初であり、最後の舞台。
様々な想いを持って望んだ其処は思ったよりあっけなく。僕には勘を取り戻す絶好の機会になったのかもしれない。

正直バンドとしてはまだまだな部分、個人的に反省しなければならない部分が少なくないがこれからのイグドラシルアージの第一歩を踏み出したのは変わらない事実である。
この先に何が見えるのか何が待っているのか。
来年又皆様の前に現れる時は更に成長していることと思います。


最後に、ご来場下さった皆様、遠くから応援してくれた皆様、関係者様、みんな本当に心からありがとう。
これからもydugを暖かく見守ってやって下さい。

拍手[0回]

PR