忍者ブログ

KIMLOG

人生俯瞰記

イグドラシルアージ2005年編

ライブまで2週間きったという訳で、今日は僕が所属するイグドラシルアージというバンドの紹介してみようと思う。


時は2005年、春に遡る。
それまでやっていたバンドを脱退した僕は、これからはやりたい事をやる。という理想の形を追求すべくメンバー探しを開始。
元々知り合いだったボーカリスト緋月に声をかけ初期ドラマーRYUも参加。
当時RYUがやっていたバンドのスタジオに遊びに行き、ベーシストChaosと出会う。
ピンときたので彼にベースをお願いするが、僕的にツインギターは譲れなかったのでもう一人のギタリスト探しで難航。
その後、サポートという条件で僕の師匠?的ギタリストgaraが加わり、9月遂にydug結成に至る。


イグドラシルアージという名前は緋月の提案で、世界樹と衝動という意を持つ二つの相反する言葉の造語。
楽曲のカラーや神秘的なイメージにも添い、こんなバンド名まずいないだろうということで決定した。

最初から重要視してきたコンセプトというのが緋月の描く詩世界と僕の構築する音楽世界の融合。
初期は作編曲を僕が全てやり、緋月が詩を綴りメンバーに僕が完成させたアレンジを演奏してもらうスタンスをとっていた。


結成二ヶ月でDateFM出演とビーブベースメントシアターでの初ライブ、そしてCDのレコーディングと無料配布。
12月にジャンクボックスにて二度目のライブ。

楽曲はいずれも
ETHNIC GROOVE(インストゥルメンタル)
リンカーネーション
愛結い
君の世界
Cage
の5曲で、前3曲が配布CDに収録されている。


そしてこのライブを期に長い地下活動に入る事となる。 

拍手[0回]

PR

つくづく

スタジオ。
ライブが決まるといつも以上に熱が入るもんだ。
今日はサポートのgaraさんも参加でアレンジも固まってきた。あっという間の四時間でやっぱりギター2本いると色々やれるなぁとつくづく思ったね。

スタジオ後は皆で飯を食べにロイホへ。
全席禁煙。
まじかよ!!
煙草吸えないと手が寂しいとsivaが言っていた。僕もつくづく思った。

そして我が家でデモ音源のベース録り。
中々早い時間で無事終了。自他問わずレコーディングってやっぱ好きだわぁとつくづく実感。


ていうか「つくづく」って何だよ。
つくづくつくづくつくづく。
携帯のフォントだとなんかの記号に見えてしゃあないわ。もう「つくづく」なのか「つくずく」なのかも分かんね。

さ、ギター録ろっと。

拍手[0回]

こつこつ

ydugデモレコーディングの準備。

ドラムをこつこつ打ち込んでます。

なにげにこの作業好き。

好みのパーツを音ネタから選んだりどっかから持ってきたりしてドラムキットを作ってね。

一応ydugのデモなのでSivaのスタジオのプレイを聞きながらこつこつ。

自分の趣味を交えながらこつこつ。

俺ドラマーじゃないから打ち込むと普通にありえないフレージングになったりすんのね。
昔メンバーにこんなの叩けねえよ!って良く言われてた。

そんな事を思い出したりしながらこつこつ。

こつこつこつこつ。

拍手[0回]

最高の世界を

バンドのオフィシャルより先に発表してしまいますが。

遂に遂に遂にっ!

イグドラシルアージ復活!

11月23日 仙台enn ライブ決定!!





実に前回から一年振り。
メンバーも変わり長期に渡る地下活動を経て遂に表舞台に戻ることができます。
唯、又ステージに立てるという事実だけとっても個人的には純粋に嬉しい事なのですが。 それに加え、最高のドラマーと最高のベーシスト、そして最高の詩書きでありボーカリスト、僕の師匠的存在である最高のサポートギタリストと共に音楽を創造できた事を誇りに思っています。

一ヶ月前という急な決定ですが、少しでもydugの世界を確固たる形で表現し皆様に伝えるられるように、又楽しんで頂けるようにこれからも精進したいと思います。

新しく生まれ変わったイグドラシルアージを是非ご御覧下さい。

拍手[0回]

地下からの出口

昨日のスタジオはchaosが急病で唄とギターとドラムで。

やっぱベースがいないと切ないね。特にうちのバンドはリズムが命だからね。
俺あんまりコード弾かないしさ。でも、それって逆に言えば個々の役割がはっきりしてきたって事。

近々デモのレコーディングなんかしちゃおうかなとか思っちゃったりして。

外の光が見えてきた今日この頃。

拍手[0回]