忍者ブログ

KIMLOG

人生俯瞰記

何かいる

今日はいつものスタジオがとれなかったのもあって上の階のあまり慣れないスタジオだったんだ。

そしたらさあ途中で怪奇現象よ。
スピーカーがなんかボコッとかパチッとかビビッとか鳴る訳。

で、次はカツーンカツーンて足音聞こえてきて。

ドアがガチャリ。

ぎゃー!!

と思ったら遅れてきたドラムのSivaでした。ぎゃふん。

いやでもね、スピーカーがおかしかったのは本当。
只の不調なのかメンバーの中にそっち系がいるかは不明。


で、もしかしたら近いうちに嬉しい報告ができそうです。
誰が嬉しいって僕がですが。



拍手[0回]

PR

頭を切り替えて

ふたつめydug。
スタジオ2連チャンもなんとかなるもんです。
只、両方共全然違う音楽だから頭はガラッと切り替えなくてはならないけど。


今手をつけているのが「描いた自由」という曲なんですが実は4、5年前に書いた曲なんです。
常々いつかこれ使いたいなと思ってまして今回コード進行を修正して緋月にメールで送っている曲サンプルに紛れ込ませてみた訳です。

そしたらこれをやる方向に話が進み緋月が素敵な詩と歌メロを乗っけてくれまして、まだまだアレンジ段階ですが中々格好良い楽曲になりそうな気配です。
個人的には一番各メンバーの音楽性やプレイのバランスがとれている曲という気がします。それぞれの良い部分を出せるというかね。


これを含め全くの変貌したydugを早くお披露目したいものですね。にやり。

拍手[0回]

二人

本日のスタジオは色々あってchaosと二人きり。
最後十数分に緋月が参加。

ちょっとだけ新曲進んだかんじ。
また新しい色を持った曲になりそう。

早く表舞台に戻りたいです。



拍手[0回]

ダイナミクスコントロール

今日は緋月と曲作り。
そしてスタジオ。


新曲にも取り掛かれ、少しずつだが着実にバンドの形やカラーが確立しつつある。
このバンドをやっていて大変な事のひとつがダイナミクス。
ダイナミクスというのはわかりやすく言うと「音量」。
昔音楽の授業でf(フォルテ)とかmp(メゾピアノ)とか習いましたよね?要はそれです。
又、音の最弱から最強の幅をダイナミックレンジと呼び、この幅が広い程楽曲の静かな部分と激しい部分をより強調でき、ダイナミクスはニュアンスの伝達の大部分を担うもの(だと思っている)。

実際「音量」だけの問題かと言われればそうでもないんですが、これは言葉で言う程簡単な事じゃなくとても奥が深い。
うちは特に最初から最後までガシガシ突っ走るバンドではないので。最大音量で勢いのみでやってきた僕には気の遠くなるような集中力が要される。
もう、とりあえずピッキングのタッチからボリュームコントロールと右手が忙しい。
それに加えトーンのコントロールと足元のペダル操作の「音質」と左手の「音程」がある訳。
まあ、慣れもあるんだろうけど。

ダイナミクスは音質と音程ほど具体的に表現できるものではないからね、スタイルや捉え方のそれぞれ異なるメンバー五人が各々表現する一音の
「ちょうど良い」
を見つけるのも、そして揃えるのも至難でありバンドのダイナミクスの醍醐味でもあると言える。


拍手[0回]

隔月くらいで希望

昨日は緋月とchaosと寧々屋へ。


店員がたけぴーサークルの人だった気がするんだけど気のせいだろうか。



8時半くらいだったかな。それくらいに入って2時まで飲んでたの。
俺は今日早かったので日が変わる前くらいには帰ろうと思ってたんだけどね。結局最後までいちゃうんだよ。なんだかんだで。
まあ彼らは次行ったみたいだけど。


バンドの話やらプライベートな話やら普段中々聞けないような事も話しつつ。
やっぱ飲みはやった方良いなと思う。
スタジオだけだと話も限られてくるし。
お互い知らない事沢山あるもんね。
緋月がボンジョビ大好きだったとかさ(笑)


なので定期的に飲み行こうと思います。
次は全員で飲みたいね。



で、今日は早かったので昼食べたら既に眠い。

拍手[0回]