忍者ブログ

KIMLOG

人生俯瞰記

皆さん多忙ですからね

ydugスタジオ。


うむ。今日は中々かたまってきたね。



そしてこれから珍しくメンバーと飲み。


これは本当に珍しい。


去年の秋以来ですから。



拍手[0回]

PR

PCいじる時も本読む時も寝る時も

昨日のスタジオのテープを繰り返し繰り返し。

この曲はなんていうんだろ。

R&B?FUNK?JAZZ?

なんて考えながらまた未体験ゾーンに突入。

自由度が高いと逆に何していいかわからない罠。

バンドとしても自分としても「ぽい」だけで終わりたくないじゃない。

とりあえずこの手のジャンル聴きいってみるか。



※メンバー様各位
このテープ近いうちにメール送るんでちょっと待っててね。



拍手[0回]

永遠の課題

昨日の貸し切りは結構余裕でした。


でもその前スタジオだったのでちょっとぐだぐだ。





音作り。


ギタリストにとっては常に研究していく事になるであろう問題。
これにはゴールなんてないんだよね。


ハコの環境でも変わってくるしメンバーのその時出してくる音だっていつもと同じとは限らない。

自分のコンディションも毎日違う訳だしピックの材質やあて方でも違うしね。

客観的に考えても、音を聞く位置でだって聞く人の価値観でだって違いが生じる。



しかし、あくまでも最終的な判断は自分。

もっと柔軟に対応できるようにならないと。



拍手[0回]

8ビート

今日もスタジオ前にちょろっと緋月と曲制作。inコジマの駐車場。

前回の作りかけをサビまで仕上げる。inマイカー。

タイトルは「乾いた唇」
関係無いけど俺の唇は常にカサカサだ。



そしてydugスタジオ。

前曲をやりつつ先程できた楽曲に早速取り掛かる。今回は久々のアップテンポ。
しかし、ydugは只の8ビートには仕上がらない。ここまでは予想通りだ。
やっぱ各自の個性出るよなぁ。

一時間程度で構成と大体のニュアンスが出来た。これには正直ビックリだ。
なんで皆さんそんなに覚えるの早いの?ってかんじ。


次回はアレンジと細かいとこですね。
うん。やっぱり自分は8ビートが得意なんだなと実感。
むしろそれしか弾けないかも。

バンドに適した音色と音ヌケも考えねばなるまい。





拍手[0回]

バランス

本日はまずスタジオ前に緋月と曲作り。
新しい曲のカタチができつつある。この曲は今までにないタイプだからスタジオに持っていくのが楽しみだ。多分又俺の想像を覆されるはず。とはいってもそうなる事を期待しているんだけど。


そして急遽ベースのChaosが来れなくなったので四人でのスタジオ。現在進行中の2曲を詰めていく。
今日も又沢山の勉強をした。これを生かすも殺すも自分次第なのだが。




対人間ていう感覚。こんな当たり前の事。解っていたはずなのにこの数年でいつの間にか頭の隅に追いやって忘れた振りをしていたのかもしれない。
いや、元々深く意識した事なんかないんじゃないのか、とさえ思えてくる。

コンディションや環境の変化なんてものとは無縁の、理論と数値で組み立てた安心感。常にそれが当たり前でそれに近付ける為の追求をしていた過去。
それを予定調和と呼んでいいのならば正反対のベクトルに収束される現在。
長年かけて身体に染み込ませたものを割り切ろうとは端から思っていないが、完全なる零から吸収しなければならないそれとのバランスを保つのは思いの外容易では無く。だからこそ自分の中でひとつのビジョンが生まれかけている。

対人間。そして対自分。
今は只一歩一歩着実に進んで行くしかないのだ。



拍手[0回]